~はじめに~進路は将来のイメージを持って決めましょう

進路選択というのは、長い人生の中で大きな分岐点にもなりうる出来事です。あとから後悔することのないよう、その時の自分の最大限の力を使って考 え、決定するべきことでもあります。とはいえ、目の前に広がる選択肢は無限大にも近いものがありますよね。一体どうやって決めればいいのだ、と考えること ももちろんあるでしょう。

 

そのとき、大切にしてほしいポイントが一つあります。それは、「将来をイメージして決めて ほしい」ということです。ひとそれぞれ環境などは違いますが、進路を選ぶときにできる限り尊重すべきことは、「将来自分がなにがやりたいか」ということで す。自分のやりたいことを選べば、例えつらいこと・苦しいことがあっても乗り越えて行けるでしょう。将来のなりたい自分、やりたい出来事を考え、そこから 逆算して今何をすればいいかを考えるのが、進路選択を成功させるコツでしょう。

 

また、今何をやりたいか決まっていな いというひともいるかと思われます。そのときに、「進路を適当に選ぶ」ということだけは避けてほしいです。今後きっと人生の中で、やってみたいこと、また なりたい自分が現れるはずです。そのときのために、選ぶことのできる選択肢を広げておくというのも一つの手です。例えば、大学に進学したいけれどやりたい 学問が決まっていないひとは総合系・学際系といった種の学部を選ぶのもよいでしょう。自分にとって最適な進路をつかみ取ってください。