Home » 資格取得 » 国家資格と民間資格は何が違う?
Large group of metallic question marks on white background

国家資格と民間資格は何が違う?

資格には色々なものがありますが、大きく分けると国家資格と民間資格に分類されます。前者は、その名の通り国が基準を定めて試験や合否判定を行うものです。この中には、その資格を取得していないと一定の職業に就けないというものもあります。例としては、司法試験や公認会計士試験、行政書士試験などの法律や会計の資格などが挙げられます。

 
民間の資格は実に多岐に亘り、様々な団体が任意に基準を設定して資格試験を実施しています。民間の資格の場合には、その資格がないと実務に就けないというケースは少ないのですが、例えばファイナンシャルプランナーのように、民間の資格であっても取得しないと独立してファイナンシャルプランナーを名乗って営業することが出来ないといったものもあります。
一般的には、語学系の資格は民間の団体が実施していることが多く、TOEICなどビジネス上で良く知られている資格も民間のものです。

 

この他にも、アート系や楽器、創作系の資格は民間のものが多い傾向があります。
民間の資格であっても、一定の職業に就くためには有利なものもあります。注意したいのは、資格を取得するとすぐに仕事につながるケースだけではないということです。仕事に使いたい場合には、その辺りを検討してから始めると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA