Home » 資格取得 » 介護職への扉を開く介護職員初任者研修
af0100049820w

介護職への扉を開く介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職への入り口です。介護の基本、サービスの理解と医療との連携、コミュニケーション技術、障害・老化・認知症の理解、介護に関する心のしくみの理解や、入浴・排泄・睡眠に関連した演習、総合生活支援技術演習など、これから介護職に就くための心構えから実践で使えるスキルまで幅広く学んでいきます。せっかく介護職へ進むなら、真の介護のプロを目指したいものです。そのためには介護職員初任者研修修了後のステップアップも考えながらしっかりと学べるスクールを選ぶ事が大切になってきます。

現在介護職員初任者研修を受けられるスクールでは通学制と通学+通信の2通りの学習スタイルがあり、その中でも通学+通信が主流となっています。また、現場実習の有無もチェックしておくべき点です。スクールによっては現場実習を用意していないところもあります。オプションで付けられるのか、それが無料なのか有料なのかもしっかり調べておきましょう。現場実習は介護の世界を肌で感じられる大きなチャンスなので、実習が用意されているスクールを選ぶのがオススメです。

学習スタイル、現場実習の有無、授業や就職、学費に関するサポート、その他こだわりというポイントで首都圏にある介護スクールを比較、紹介しているのが介護職員初任者研修を支援する情報ガイドです。本気で学びたい人向けのスクール5校を厳選し、ランキング化しています。「仕事があるから土日に通いたい」という場合はライフスタイルに合わせて選べるコースが用意されているか、「子供がいるから急病で休む事がある」という場合は無料で授業を振り替え出来るのか、もしも通えない時間が増えてしまっても通い続けられる期間の猶予はあるのかなど、自分自身の状況に合わせて各項目をチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA