Home » 専門学校進学 » 1年で臨床工学技士を目指せる専門学校
iStock_000067859497_Small

1年で臨床工学技士を目指せる専門学校

医療の現場では、生命維持管理装置や手術用の機器、人工透析装置などの機器が患者さんの生命を守るために大切な役目を果たしています。使用中に故障したり、誤操作をしてしまう事は絶対に許されません。そのため、これらの機器の操作や保守・点検を行う臨床工学技士の責任はかなり大きなものです。

臨床工学技士になるためには、養成課程のある大学・短大・専門学校で3年以上学んで受験資格を得なければいけません。もし看護師と臨床工学技士、2つの資格が欲しいのであれば看護師養成課程に3年通って看護師を取得、それから臨床工学技士の1年制専攻科に通う選択肢もあります。どちらのルートを通ったとしても、国家資格で合格して晴れて臨床工学技士になれるのです。

もし大学・短大で2年以上学び、指定された科目を履修しているのであれば、専門学校という選択肢に進んでみても良いかもしれません。首都医校では、それまでに学んだ知識や技術を活かし、1年間、臨床工学の集中カリキュラムを通じて臨床工学技士の国家資格取得を目指していきます。臨床経験豊富な教官と最新の設備・機器によって整えられた学習環境と充実のサポート体制が、1年間という短期での国家資格取得を可能にしています。

首都医校で行えるカリキュラムの1つが「生体機能代行技術学」です。臨床工学技士が取り扱う機器は多岐に渡り、現場ではどんどんその数も増えてきています。即戦力の人材を育てる事を目標としている首都医校では、現場で使われる最新機器を設置して、授業で使用します。

全国の専門学校の中でも学内の実習環境は1番と言ってもいいほど。臨床工学実習の際には、実際の手術室まで再現して行います。こうする事で、どんな状況にも対応出来るエキスパートの育成を実現しています。

卒業時に万が一就職出来なくても、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続出来る完全就職保証制度というものもあるので、将来の心配もありません。自分に自信をつけて、臨床工学技士として活躍しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA