Home » 大学進学 » 行くなら文系?理系?それぞれの特徴
af9920047453m

行くなら文系?理系?それぞれの特徴

今は企業が求人数をとても絞っています。そのために就職率がとても低くなっています。つまり就職がとても難しい時代と言えるでしょう。しかも、この状況はしばらく続くと言われています。そのため、大学では就職してから役立つスキルを学ぶ必要があります。就職の時に有利に立ち回るためにはその必要があるのです。

学校の運営側もそれを把握しているので、スキル習得の方法を一生懸命考えています。凄腕の講師を呼んだり、専用の設備を設けたり、その方向性は多種多様です。

理系学部は今では短大にすら保有されています。文系は就職が良くない代わりに理系より難易度が低いのです。
理系の学部ではいろいろプログラミング言語やモデリングの技術なども学べます。理系の学生は文系と違って、インターンに出る事が多いです。そうする事で、就職がかなり有利になります。しかし、勉強をしながらになるので、他の学生の2倍は努力が必要な状況になります。インターンの後はレポートを提出したり、発表したりもします。更に論文も書くことがあるぐらいです。

 
文系の学生はアルバイトをする人が多いです。学生時代は華やかになることが多い反面、就職が大変なのです。どちらもメリットとデメリットがあるのでよく考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA